縄文展に行ってきました

 お盆休みの間に時間が出来たので、上野の博物館に「縄文展」を見に行ってきました。良く教科書で見たような有名どころの「遮光器土偶」「縄文の女神」「合掌土偶」など国宝の土偶や、「火焔型土器」など目の前で見れてよかったです。人は多く混雑していましたが。

 デザインがカッコよくて数千年前の人が作ったものとは思えませんでした。中にイノシシの土偶があったのですが、一つ机の端に置いておきたいくらいに可愛かったです。

 しかし、あまりの暑さにぼーっとしてしまって、写真を一枚も撮っていないことに、上野駅まで帰ってきてから気づきました。それで最初の画像が駅で撮った何の変哲もないポスターになってしまいました。ガッカリ。

 

レレレのおじさん

 朝、クリニックを開く前に入口を掃きます。その時、箒を持っている自分の格好は「レレレのおじさん」みたいだなぁとよく思います。

 いま赤塚不二夫のアニメと言えば上手にリブートとされた「おそ松さん」ですが、ぼくの世代は「元祖天才バカボン」。小学校の頃ゲラゲラ笑って観てました。レレレのおじさんは目玉つながりのおまわりさん、ウナギイヌ、などとともに準レギュラーの一人でした。

 このレレレのおじさんのモデル、仏陀の愚鈍な弟子だった槃特といわれています。記憶力が悪く、他のお弟子さんのようにお経をそらんじることができず落ち込んでいた槃特に、師匠の仏陀はお経を詠む代わりに毎日お寺を隅々まで掃除するように言い渡しました。初め仏陀の真意を測りかねた槃特でしたが、言われたとおりに愚直に掃除を続け、ついにお経を詠まずに悟りを開くことができたそうです。

 それを思うと、レレレのおじさんのようなこの格好も悪くないかもしれません。悟りを開くつもりで、毎日のお掃除を頑張りましょう!

 

葛飾応為の浮世絵

先週あまりに運動不足なので、散歩がてら表参道の太田記念美術館に行ってきました。

目的は開催中の「葛飾北斎展」で、一度見てみたいと思っていた娘のお栄(応為)の「吉原格子先之図」が展示されていたからです。光と影の表現が実に巧みで、この絵が今のイラストレーターの展覧会に紛れ込んでも、全く違和感を感じさせないでしょう。

初めにお栄の話を知ったのが杉浦日向子の漫画「百日紅」でしたが、これが2年前にアニメになりました。3年前にカナダのキャサリン・ゴブィエという人が「北斎と応為」を、朝井まかてが昨年「眩(くらら)」という小説を書いています。これがこの前、NHKでドラマ化されました。

応為ブーム来てんなーと思いますが、お栄については明治26年に書かれた飯島虚心の「葛飾北斎伝」まで纏まった資料がありません。幕末から明治にかけては、彼女だけではなく浮世絵の価値を日本が忘れてしまった時期がありました。

しかし、約200年たって彼女の絵とお栄に光が当たり始めました。これからしばらく、応為の名前を目にする機会が増えそうですね。

沖田総司 終焉の地

 8月に入って雨が続いています。この雨の中、江東区の今戸神社へ行ってきました。ここは招き猫などの「今戸焼き発祥の地」ですが、もう一つ「沖田総司終焉の地」といわれています。

 労咳が悪化して鳥羽伏見の戦いに参加できなかった沖田は、御典医の松本良順によってこの地で治療を受けていました。ここから駿河台の植木屋へ移ってそこで没したという説もあるようです。ちなみに招き猫発祥は世田谷の豪徳寺という話もありますね。

 小学生の頃、姉の少女漫画を借りて和田慎二の「あさぎ色の伝説」を読みました。そのころ世間では何度目かの新選組ブームで、テレビで草刈正雄が沖田を演じた「新撰組始末記」なんかも見てました。目鼻立ちのはっきりした草刈正雄の沖田は斬新で格好良かった。学生時代には司馬遼太郎の「新撰組血風録」や「燃えよ剣」も燃えて読みました。

 なんで今更新選組かといいますと、子どもの自由研究にかこつけて都内の新選組の史跡を回ったのです! 土方歳三や井上源次郎ゆかりの日野や、近藤勇ゆかりの調布にも行ってきました。

 その時は天気も良く感傷的になる要素はなかったのですが、雨に濡れた沖田の碑は少し寂しげに見えました。100%勝手な思い入れですけれども。