本日、緊急事態宣言の対象となる8都道府県のうち、関西の大都市である大阪・京都・兵庫を解除する方向で政府が調整に入ったという報道がありました。首都圏も気を緩めるわけにはいきませんが、いつまで続くか分からなかった外出自粛の方針に、近い将来一つの区切りがつくことが予想されます。これから、社会生活を再開していく上で万全の準備したいと考える方は多いかもしれません。

 当クリニックではこの緊急事態宣言下の一か月間を利用して、院内の自費診療を見直しました。そして、新しくCTを利用した「人間ドック」を造りました。法令健康診断の内容を含み、胸腹のCTを一気に撮影するので、短時間に広範囲に健康のチェックができます。血管脈波検査で動脈硬化や血管閉塞のチェックも行います。

 また、従来からあった「頭部CT検診」「胸部CT検診」「腹部CT検診」も整理して、それぞれ身体の部分ごとに専門的な検査が受けられるようにしました。「人間ドック」「胸部・腹部CT検診」については、当院医師と放射線科の専門医の読影も行われダブルチェックで検査結果を確認します(※頭部CT検診は当院の脳神経外科専門医のみの読影となります)。

 詳しいことは、ホームページに載せました。もし、発熱や咳などは出ないし今のところ新型コロナウイルスの感染は心配していないけれど、これから元の生活に復帰することに自信が持てないなぁという方は、当クリニックの「人間ドック」を受けてみてはいかがですか?

※ 今、現在発熱したり咳や呼吸器症状がある方は、他の患者様に感染を広げるリスクもあり、人間ドックやCT検診を受けることはできません(来院時の検温で発熱が認められた場合、検査をお断りする場合があります)。恐れながら、保健所または帰国者・接触者センターに連絡して対応をご相談ください。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

診療日の予定
2020年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930