続・タミフルの予防投与

 インフルエンザが大流行するにつれて、タミフルの予防の予防投与についてのお問合せが数件寄せられました。一年ほど前に書いた自分のブログを見ていただいたようで、このタイミングでの反響に驚いています。

 そこで、ホームページの予防医療の欄に「タミフルの予防投与」についてのページを設けました。自費診療になる点など、幾つか注意する点や当クリニックの診療内容など簡単にまとめました。下にリンクを貼っておくのでご参照ください。

 ただ、すでにタミフルやリレンザなどのご処方を受けた方、持病があってかかりつけで治療をされている方は、療養を担当された診療所や病院に直接ご相談されることをお勧めします。

 患者様の個別の事情を良く聞かずに一般論から薬や病気の説明をすると誤解を生む原因になるかもしれません。ご理解いただければと思います。

タミフルの予防投与

インフルエンザの出席停止期間

 1月も大分過ぎてしまいましたが、今年初めてのブログを書きます。寒い日が続きオリーブにも風邪やインフルエンザの患者様が訪れるようになりました。

 インフルエンザは感染力の強い病気なので、かかっている間はできるだけヒトとの接触を避けなければなりません。学生は学校保健衛生法という法律で発熱してから5日間以上、かつ解熱してから2日以上経過しないと学校に行ってはいけません。このような規定があるのは患者さんの健康の保護の意味もありますが、インフルエンザを一気に広げてしまうのを防ぐためでもあります。

 では社会人はどうかというと、学校保健法のような明確な規制はなく各企業などの就業規定に則った対応がされます。ただし、参考となるのはやはり学校保健衛生法なので、オリーブでは社会人の患者さまにも同じ説明をしています。

 インフルエンザにかかってしまったら、お仕事のことも気になるでしょうが、まずはゆっくり休養、ヒトに感染しないように注意しながら、自分の健康の回復に努めましょう。