インフルエンザの薬(新薬ゾフルーザについて)

 いよいよインフルエンザのシーズンになりました。現在インフルエンザの薬は複数あるので、それぞれの特徴と今年発売となったゾフルーザについて簡単にまとめてみます。

 まずノイラミニダーゼ阻害薬です。ノイラミニダーゼは感染した細胞からウイルスが遊離する際に働く酵素で、これをブロックすることでウイルスが次々に正常細胞に感染していくことを防ぎます。タミフル(オセルタミビル)は錠剤で1日2回5日間内服します。リレンザ(ザナミビル)は吸引タイプで1日2回5日間です。イナビル(ラ二ナミビル)も吸引タイプで1日1回です。吸引タイプは咳込んで上手く吸引できないことがあります。特にイナビルは1回の吸引で済む点は非常に便利ですが、失敗すると取り返しがききません。

 一方、ゾフルーザ(バロキサビル)キャップ依存性エンドヌクレアーゼ活性阻害薬といって細胞内でのウイルス増殖を抑制します。錠剤で内服は1日1回だけです。特に吸引が苦手な方や、薬を呑み忘れるのが心配な方には適していると思われます。

 ただ、どの薬剤も発熱後48時間以内に服用することや異常行動に関する注意については同じ。また、薬を呑む期間が違っても法律で決められた出席停止の期間も同じです。インフルエンザの検査で陽性となった場合には、速やかな治療開始とシッカリと安静を保つことが重要です。

さようならハロウィン

 今年もハロウィンが終わってしまいました。早いものでもう11月。あっという間に世間はクリスマスの装いになるでしょう。

 毎年ハロウィンの時にブラックジャックの仮装で診察してみたいと空想します。しかし、不謹慎なのではないかと思うと実際は中々踏み切れません。体調のお悪い方が来るところなので不快に思われるかも知れませんし、何よりも自分がブラックジャックのコスチュームを着てみたいだけなので動機も純粋とは言えません。

 こういう話を娘にしたら「ヒトに不快に思われるかよりも、あの格好は恥ずかしくないの?」と真顔で聞かれました。

 飾りつけのコーナーもハロウィンバージョンから変えましたが、記録として写真を残しておきます。