夏到来 熱中症対策を

 いよいよ7月に入りました。関東では史上初めて6月中に梅雨が明けて、本格的な熱中症のシーズンになりました。

 熱中症や脱水症は昔から知られている病気ですが、予防法や治療法が確立したのはわずか100年あまりのこと。自分自身で立てられる対策としては、炎天下の外出は控える今年も、帽子を着用すること、十分な水分補給をすること、体調不良を覚えたら涼しいところで十分休息することなどですね。塩飴をなめたりするのも有用です。

 熱中症に纏わる有名な話として、戦前アメリカのフーバーダム建設があります。その作業員は十分な水分補給をしているにも関わらず熱中症で倒れるものが続出しました。そこで、水と一緒に塩を補給したところこれを減らすことに成功したそうです。

 重症になると積極的に輸液を行うケースがあります。血液の浸透圧への注目から5%ブドウ糖液や、イギリスのリンゲル先生が作ったリンゲル液に乳酸を加えた乳酸加リンゲル液(商品名:ラクテック、ハルトマンなど)酢酸加リンゲル液(商品名:ヴィーンFなど)、重炭酸イオン加リンゲル(商品名:ビガーボンなど)が開発されています。それぞれアシドーシスの予防などに特徴があります。

 熱中症の予防や治療の第一歩は経口補水です。ただ中々上手に水分摂取が出来ない場合もあります。自費となりますが、点滴が必要な方には当クリニックでも対応をしています。心配な方はご相談ください。ただ点滴は量によって30-60分かかる場合があります。時間に余裕をもってどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください