富安由真「くりかえしみるゆめ」

 娘に連れられて銀座の資生堂ギャラリーに行ってきました。高安由真さんの「くりかえしみるゆめ」という展示会です。日曜部のお昼頃到着すると、すでに長い行列が出来ていて、注目されている方なんだなと思いました。

 薄暗い階段で入場待ちをしていると、なんだかお化け屋敷に入っていくようなソワソワした気持ちになります。空間全体を体験するインスタレーションで、古い電話機や錆びた蛇口の洗面台などが一緒に展示してありました。

 見終わった後娘が、何故かわからないけれど、自分もよく古い洗面台の夢を見ると言っていました。懐かしいような、怖いような、不思議な展示会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください