大人のはしかについて

 沖縄県が6月11日に麻疹(はしか)の終息宣言を出しました。報道によると、3月下旬に4年ぶりに感染が確認されてから、沖縄県内の患者数は99人。はしかの流行による国内外の旅行客のキャンセルは746件、5572人。大型連休と重なってしまい直接的な経済損失は、実に4億2千万円。終息宣言は5月16日以降、新たな患者が出ていないことを受けてでした。

 今回のはしかは台湾からの観光客が感染源で、観光客が多くの県民と接触したために一気に広がったようです。はしかは特に感染力が高いウイルスの一つで、子供の頃に予防接種を2回受けられた方が多いと思いますが、1回だと効果が不十分だったり、年を経ると免疫効果が落ちてくることが知られています。

 以前ワクチンを受けた方でも、海外旅行に行くご予定があったり、予防接種を受けてから長い時間が経過したり、ご家族に小さいお子さんや体の弱ったお年寄りがいらっしゃるような場合は、ワクチン接種を検討した方が良いかもしれません。

 まずは、特定のウイルスへの免疫力が落ちていてワクチン接種が必要かどうか、血液のウイルス抗体価検査を受けて判断しましょう。ご希望の方は当クリニックでも検査しています。

「ウイルス抗体価」のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください