2018年スギ花粉は多い見込み

 日本気象協会が10月に来年度のスギ花粉の飛散状況の予測を発表しています。関東甲信越地方では、来年は本年度の1.5倍・例年よりやや多いとの予想でした。

 花粉の飛散状況は前年度の夏の日照時間や気温に大きく左右されます。今年の夏はもはや記憶の彼方ですが、全国的に気温が高く雨は少なくて日照時間が多かったそうです。

 今年の夏の気候は来年の春に、たくさんのスギ花粉を飛散させるかもしれません。思い返せば、秋にはいくつも台風が来て大雨を降らせましたが、7-8月は渇水が問題になるくらい雨は少なかった気がします。

 本格的にスギ花粉が飛び始めると、舌下免疫療法の導入出来なくなります。年末年始はお忙しいとは思いますが、もしご希望される方はお早めにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください