秋からスギ花粉症対策!

今日は舌下免疫療法の話を書きます。春にスギ花粉で苦しまれている方多いですね。もし毎年のことなら秋のうちから花粉症対策を始めてはいかがですか?

スギ花粉の舌下免疫療法(シダトレン)は減感作療法の一種です。スギ花粉が飛散する時期(凡そ1月下旬から5月上旬)には始めることが出来ません。だから、秋のうちに始めた方が良いのです。詳しくは、当サイトの舌下免疫療法のページを御覧いただくとして、患者様によく質問を受けるポイントを書いてみますね。

舌下免疫療法は、12歳未満の小児・妊娠中・授乳中の患者さまに関しては効果や副作用について不明な点があるためお勧めしておりません。また全身性の免疫疾患やがん治療中の患者さまも同様です。治療を一時的に中断した場合は維持期で1-2週間であれば同じ量から再開できますが、長くなると最初から治療をやり直すことになります。副作用は使用開始後一月以内に多いといわれています。なお、現在シダトレンは薬液を舌の根元に滴下する形で治療しますが、保存性に優れ扱いやすい錠剤も開発されています(発売時期はまだ未定です)。

この機会にご相談いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です