DOAC(直接経口抗凝固薬)について

 DOAC(Direct Oral AntiCoagulants)についてまとめてみました。以前経口の抗凝固薬はワルファリンしかなく、血液検査で凝固能のチェックをしながら使用をしていました。しかし、その後複数の薬剤が開発され、新薬の開発・競争の激しい分野の一つとなりました。NOACとも呼ばれますが、ほぼ同じ薬剤をさしています。

 2011年にまず直接トロンビン阻害薬(ダビガトラン:製品名プラザキサ)はワルファリンの代替薬として登場しました。続いてXa阻害薬(アピキサバン:製品名エリキュース、リバーロキサバン:製品名イグザレルト)が続き、静脈血栓症の薬であるエドキサバン(製品名リクシアナ)がNVAFに適応が追加されました。いまでは静脈血栓塞栓症と心房細動の分野では第一選択薬です。

 ワルファリンの方が良い点は、機械弁移植後(DOACは禁忌)、高度腎機能低下(CrCL15未満、DOACは禁忌)それに薬価が安くてすむ点です。DOACの良い点はワーファリンのようにPT-INRをチェックしながら使わなくてもいいこと、食事や他の薬の飲み合わせで制限が少ないこと、半減期が短いことなどです。しかし注意を要する点としては、定期的に腎機能のチェックをしながら使用しなければならないこと、出血した場合の拮抗薬がないこと、などが挙げられます。

 複数あるDOACの選び方のポイントを、おおまかに以下のようにまとめました。

① 中等度腎機能低下(CrCL15まで)の場合、アピキサバン・エドキサバン・リバーロキサバンが使用可能

② 脳塞栓症リスクが高い場合(CHADS2スコアの5,6点)はダビガトラン150㎎

③ 出血リスクが高い場合、アピキサバン・エドキサバン・ダビガトラン110㎎

④ 内服の回数を少なくしたい患者様には、エドキサバン・リバーロキサバンが1日1回。

⑤ 静脈血栓塞栓症(外来で単一薬剤を用いる場合):アピキサバン・リバーロキサバンに適応あり。

 選択肢が増えるのはいいことなので、その中から適切な薬剤を選べるようにしたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください