はやくも花粉シーズンに突入

 1/31のNHKニュースによると、ウェザーニュース社が東京・神奈川・千葉・茨城・埼玉の一都4県で「花粉シーズン」に突入したと発表しました。上記の範囲での3割以上の地点で、一部の人に症状が出始めるレベルの花粉が観測されたそうです。

 2017年の東京の花粉飛散予報は、昨年の日照時間が少なめだったことから、関東では例年並みかやや少なめといった予報です。しかし油断は禁物です。以前は隔年ごとに飛散量が増えたり減ったりしていましたが、最近は予想が外れることも多いからです。

 環境省が2/1から運営を開始した花粉観測システム(通称:はなこさん)を見てみました。まだ九州、中国・四国、関西、関東地区の運営ですが、なんと本日10時で東京の多摩地区の飛散が全国1位のようです!北西の風に乗って、多摩地区の花粉が全部桜新町に飛んでくるかも!・・・と心配になりますが、飛散量もまだまだ少ないので影響は少ないと思われます。

 しかし、このはなこさん、時系列を追って花粉の飛散量を見ることが出来たり、なかなか面白いシステムです。最大の特徴がスギ花粉の飛散量をほぼリアルタイムで見られること。上の名前のところにリンクを張っておいたので、興味のある方はどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください