寒くなると、流行る風邪

yuki150321230i9a4482_tp_v

 すこし肌寒く感じるようになってきました。これから冬に向かって、外来は風邪の患者様が増えていきます。

 風邪とは咽頭炎・鼻炎・上気道炎などを起こすウイルスや細菌などの病気の総称です。原因となる微生物は200種類ほどありますが、約9割がウイルスといわれています。

 一般に風邪の原因となるウイルスを直接やっつける薬はないものですから、消炎鎮痛剤や鼻炎・咳などの症状を緩和する治療が主になります。ただ免疫力が落ちると2次的に細菌感染が起きるので、症状の著しい方には早めに抗生剤を投与する場合もあります。乾咳が続くのが特徴のマイコプラズマにも抗生剤は効果があります。

 あと風邪が少しひどくなったものが肺炎、と思っている方がいます。もともと咽頭や鼻腔そして周囲のリンパ節には、微生物を撃退しそのまま体内深くに侵入させないための防御壁としての役割があります。なので、ここが大変な激戦となっても体の安定は保たれています。

 しかし、一旦肺炎になると体深くに微生物の侵入を許してしまっており、入院が必要となることもあります。脳炎や髄膜炎なども一見風邪に似た症状を呈しますが、診断に注意を要する病気です。単なる風邪かどうかの見極めは、実はなかなか難しいことがあります。

“寒くなると、流行る風邪” への4件の返信

  1. 明るくて清潔、素敵な診療所で、初めて頭部CTスキャンで診ていただきました。鮮明な画像の、わずかな陰影の違いなどからもくわしく説明していただき、なるほどと納得いたしました。マイコプラズマも夫婦ともども順調に回復してきております。もう少し、というところまできました。ありがとうございました。それにしても「桜新町」という街の、庶民的な雰囲気がとても気に入りました。末永く地域の皆さんに親しまれる診療所でありますよう、願っております。

    1. いつもありがとうございます。少しでもお役に立ててうれしいです。症状が早く治って、ご夫婦そろって畑仕事に出られるよう願っております。

  2. あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。「麦門冬湯(バクモンドウトウ)」をありがとうございました。胸のあたりに感じていた「咳の出そうな感じ」はまるでなくなりました。追加の処方は必要ありません、大丈夫です。おふくろの介護に専念しておりますが、今度はおふくろが帯状疱疹にかかってしまいました。ですが、このほうも回復途上です。あれもこれも、ありがたいことです。

    1. いつもお世話になっております。咳が治まってよかったです。漢方だと処方する方も安心して出せるところがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください