細川忠興と干し柿

resize6331-thumb-520x346-1753[1]

 歴史が好きなので、毎週「真田丸」を楽しみにしています。この前、石田三成が徳川家康暗殺計画に、細川忠興を味方に引き入れようと、干し柿をもって会いに行く話がありました。おやこんなエピソードがあったのかと思って調べてみたら、「細川家譜」という本に書いてあるようです。

 ただしドラマで描かれたように、細川を家康襲撃で味方に引き込もうと切迫した場面ではなく、前田玄以を介して仲の悪かった細川と和睦しようとした際に、単なる手土産で持って行ったようです。その時、細川も石田に一礼して干し柿を食べてます。でもドラマでは人情の機微に疎く頭の固いといわれる、石田のエピソードとして上手く取り込んでありました。

 石田は、細川忠興をはじめ加藤清正・福島正則などに背かれ命を狙われ、やがては関ケ原の合戦で敵対することになります。すごい嫌われ方だなぁと感心してしまいます。

 一方で、秀吉の親戚筋だったり特別に取り立ててもらったにも拘らず、徳川の天下取りに加担して豊臣家を滅亡させてしまう七将と比べて、石田三成は豊臣の家臣として徳川家康の危険性を初めから見抜いていたのではないかとも思います。

 ドラマで関ケ原・大坂夏の陣・冬の陣がどう扱われるか楽しみです。

 

2 Replies to “細川忠興と干し柿”

  1. 歴史ネタありがとうございます!

    真田丸は史実を踏まえてるんだろうな〜と思わせてくれる描写とキャラクター設定が本当に最高で、久しぶりに毎週日曜夜が楽しみな毎日です!

    今後の関ヶ原も楽しみですね。

    1. そうそう(笑)。陽気な人たらしだけれど、機嫌を損ねるとすごく怖い、小日向文世の秀吉よかったです。最後、塩漬けになってしまいましたが・・・歴史ネタは細部の描写が充実していると面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください