糖尿病の薬:SGLT2阻害薬

 糖尿病の薬は複数出てきて、いろいろな選択ができるようになりました。注目の薬としては、近医尿細管の糖の吸収を抑制するSGLT2阻害薬があります。糖尿病とは文字通りおしっこの中に糖が出てきてしまう病気ですが、それを逆手にとってそのまま過剰な糖を排泄してしまおうというお薬です。

 SGILTとは日本語でいうとナトリウム・ブドウ糖共役輸送体といいます。これにはいくつかの種類があって、腎臓の近位尿細管に作用して尿中に一度出たブドウ糖を再吸収させるのがSGTLT2です。いままでの糖尿病の薬の多くが何らかの形でインスリン分泌を促進し血糖を下げていたのに対して、SGLT2阻害薬はインスリンに関係なく血糖を下げることができます。

 このため低血糖になりにくいなどの他、体重減少、血圧低下、高コレステロール血症の改善などが期待できるそうです。しかし一方、尿中に多くの糖が出てしまうために尿路感染症や膀胱炎のリスクが高くなったり、浸透圧利尿といって一緒に水を引いて排尿されるので脱水になりやすいなど、別の問題があります。どんな薬もそうですが、良い面と悪い面それぞれの特徴を踏まえながら処方を考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください