舌下免疫療法(保険診療)

スギ花粉・ダニアレルギーの舌下免疫療法(SLIT)

施設写真

 当クリニックでは強いスギ花粉症・ダニアレルギーをお持ちの方に、舌下免疫療法(SLIT)をお勧めしています。従来の皮下注射による減感作療法(SCIT)と比較して大きな副作用が少ない・注射の痛みがないことが特徴です。またSCITは月に何度かクリニックに通院して注射を受けますが、SLITは初回投与以降は自分で毎日行うことができます。

 治療を始める前に、まずは血液検査を行なって特異的IgEをチェックします。アレルギーの原因物質がスギ花粉の場合シダトレン、コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニの場合ミティキュアの治療対象となります。

 また、12歳未満の子ども・重症の気管支喘息や免疫性疾患や急性疾患がある方・非選択性β-blocker(降圧薬のテノーミンやインデラルなど)やステロイド剤内服中の方などは、薬の効果が不安定になるために原則として治療を受けられません。

 シダトレンもミティキュアも、初回投与時には約30分院内に留まって副作用がないか経過観察を受けます(ご希望の方は無料Wi-Fiをお使いください)。また初回投与の際には薬剤を取り寄せる必要があので、2日以上前にご予約をお願いします。症状が安定した維持期には、遠隔診療に切り替える方法も検討できます。受診の際にご相談ください。

シダトレンのご案内(スギ花粉アレルギー治療)

 

 シダトレン(スギ花粉アレルギー舌下免疫療法の薬)は液状の薬を舌の裏に滴下し2分間保持した後飲み込みます。始めの2週間はボトルからの滴下量を徐々に増やし、2週間以降は同じ量のパックを毎日滴下し続けます。症状が安定していれば、通院はおおよそ1月に1回となります。

 従来のSCITよりも全身性の怖い副作用である、アナフィラキシー・ショックは少ないのですが、口腔内の潰瘍や掻痒感が出ることがあります。開始する時期はスギ花粉が飛んでいない時期(おおよそ5月ぐらいから翌年の12月まで)に限られます。

 シダトレンは花粉症の完治が期待できること、完治に至らない場合でも症状の軽減が期待できることなど素晴らしい面があります。しかし一方で、治療を受けても効果のない、一度治癒しても時間とともに効果が減弱する場合もあります。

 完治するケースでは約3-5年かかることが多いので、患者様には十分ご理解いただいた上で治療を開始する必要があります。当クリニックもご納得いくまで説明します。以下のサイトもご活用ください (トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ 下のバナーをクリックすると飛べます)。


ミティキュアのご案内(ダニアレルギー治療)

ダニアレルギーはアレルゲンの発生は通年性なので特に開始時期の制限はありません。舌下免疫療法の製剤がシダトレンが液体なのに対して、ミティキュアは錠剤という違いがあります。

 初めの1週間は容量の少ない錠剤を使用し、2週目以降は容量の大きな錠剤を使用します。やり方は1日1回、錠剤を舌下におき1分間保持した後で飲み込みます。シダトレンと同様に初回使用時は30分間クリニック内で経過観察する必要があります。

 詳しくはシダトレンのご案内でも載せた鳥居薬品のサイト、「トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」をご確認ください。