遠隔診療とは?

 当クリニックで遠隔診療を開始しました。遠隔診療はパソコンやスマホのビデオ通話の機能を使って、クリニックに受診しないで診療が受けられるようになります。診療はあくまで対面診療が原則ですが、遠隔診療を上手に取り入れて患者様の通院の煩わしさをを少なくすることが出来るのではないかと考えています。当院かかりつけの患者様に向けたサービスとなります。

 遠隔診療も保険診療の対象ですが、一部自由診療でも受けられます。遠隔診療の場合はすべて予約制となり、遠隔診療予約料 2000円(税込)がかかります。ただし現在のところ遠隔診療では請求できない保険診療点数もあり、一概に診療料が上がるという訳ではありません。

【動作環境】パソコン(以下PC)もしくはスマートフォン(以下スマホ)などをお持ちで、PCはwebカメラやマイク・スピーカー・ヘッドセットが必要になります(ノート・パソコンの場合は装備されていることが多いです)。スカイプもしくはラインアプリで、ビデオ通話の機能を使って診療します。スカイプはWindowsパソコンに標準でインストールされていますし、ダウンロードもできます。いずれも無料でビデオ通話ができます。

【対象】 当クリニックをかかりつけとして、今まで何度か治療に訪れた方・病状に大きな変化のない慢性疾患で症状が落ち着いている方が対象です。ご自分の病気や病状が遠隔診断に適しているかどうか、来院時にご相談しましょう。病状が大きく変わる可能性がある、かぜや腹痛などの急性疾患は対象外となります。

 現在、高血圧・糖尿病・高脂血症でいずれも軽度の内服治療、片頭痛、舌下免疫療法(維持療法中)、顔面けいれん・てんかん発作の内服治療、AGA・ED(自由診療)などを想定しています。ただしチェックをしないで投薬だけを続けていると臓器に悪影響が出ていることがあります。症状が安定していても年に何度か来院し、診察や血液検査を受けてください。指示に従っていただけない場合は、遠隔診療は中止します。

【遠隔診療の流れ】患者様のご要望があり病状が安定している場合、通院の対面診療から遠隔診療を併用できるようにします。実際に遠隔診療を始める前に、ビデオ通話が可能かテストします。スタッフの指示にしたがってください。予約当日は開始予定時間5分前から通信機器の出来る状態でお待ちください。こちらの都合で30分以上お待たせした場合は予約料はいただきません。

 遠隔診療の準備が整った後で、受付か電話で診療の予約をします。診療の際には初めに保険証の提示をお願いします。遠隔診療は自宅でなくても可能ですが、病気に関してお話をするのでプライバシーの守られた通信・電波状態が安定した場所を確保して下さい。必要な方には、後日処方箋を郵送します(処方箋の送料等はかかりません)。自由診療(AGAやEDなど)の場合薬品を直接郵送または宅急便でお届けしますが、その際には送料1000円(税込)がかかります。お知らせいただいたメールアドレスに請求書を送ります。クレジットカードで決済して下さい(VISA/MASTER/AMEX/JCBなどが使用できます)。