【仕事や通勤中のケガは労災保険の適応】 仕事中や通勤中にケガを負った場合の療養は労働者災害補償保険(労災保険)の適応です。受診する前に職場の責任者へケガの程度や状況を報告し、労災保険について相談してください。労働災害に該当する場合は労働基準監督署に備え付けてある請求書を提出することで、労働基準監督署において必要な調査を行って保険給付が受けられます。

【労働保険による診療の実際】 受診の際にかかった診察料については、一旦患者様に立て替えとなります(後日清算する都合上クレジットカードなどは使用できません。現金でのお支払いとなります)。その後必要事項を記入した「療養(補償)給付たる療養の給付請求書」と領収書をお持ちいただき、患者様の診療料をご返金します。

 労災保険を前提とした自費負担を後で健康保険診療に変更することや、通常の健康保険診療を労災保険に変更することは、原則対応しておりません。労災保険をご使用される際には十分注意してください。

 必要な「療養(補償)給付たる療養の給付請求書」の様式は、5号(業務災害用)もしくは16号の3(通勤災害用)となります。健康保険の場合は約3割の自費負担が求められますが、労災保険は上記のような手続きの後に全額支給となります。

 労災保険は、勤務時間や勤務形態などに関係なく労働者として働く場合には強制加入となる保険です。ただし、フリーランスで働いている方は国民健康保険が適応されます。

【労働保険から健康保険への変更について】 労災保険を前提とした自費負担分を健康保険に切り替えたい場合には、領収書をもって全国健康保険協会または所属の各健康保険組合の窓口に直接ご相談下さい。