ボトックス療法(保険診療)

顔面けいれん・眼瞼けいれん・上下肢の痙縮・原発性腋下多汗症が対象

方針イメージ

 治療対象:眼瞼けいれん・顔面けいれん・上下肢の痙縮・原発性腋下多汗症(いずれも保険適用)。 美容目的の治療は行っていません。

 ボツリヌスは神経と筋肉のつなぎ目に作用し,神経から筋肉への命令が伝わらなくなり筋肉やエクリン汗腺が一時的に麻痺します.筋肉が勝手に動いてしまう不随意運動では,少量のボツリヌス注射で筋肉の余計な動きを抑えます.効果は約3ヶ月持続(エクリン汗腺の場合は4-9ヶ月)します.効果が切れると症状が再発する場合は繰り返し治療を受けることができます。

 効果が切れるということは治療を繰り返し受けなければならなくなる可能性があります。しかし反面、以前のようにエタノールを注入して神経に変性を起こすような方法と違い、想定外のダメージが神経や筋肉に残りにくいともいえます。

治療の流れ

  1. 診 察(初診時)

     現在の症状の診断、治療に対してのご希望などをお伺いします。収縮している筋や患部を確認してボツリヌス注射を何単位使うかなどのプランを立てます。ボトックス療法に関しての文章による説明と同意書に記入いただきます。最後に実際の治療を行う日(予約日)を決めます。現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。

  2. 治 療(ボトックス療法・施注)

     予約日に改めてご来院いただき治療を行います。時間は約30分から60分ぐらいです。上下肢の痙縮の場合は、ジャージや半ズボンなど,の服装で来てください。原発性腋下多汗症の場合は、腋下を露出しても大丈夫な服や下着で来てください。必要な方は事前に腋毛の処理をお願いします。

  3. 再 診

     特に初回の方に、約1週間後の再診をお勧めします。今回の治療でボトックスの効果や副作用がなかったか確認し、今後のアドバイスをします。ボトックス療法の効果は一般的に、数日から1週間ぐらいで出現し約3ヶ月間(腋下多汗症は4-9ヶ月間)持続するといわれています。

  4. 再治療

     必要な方には3ヶ月以上(多汗症の方には4ヶ月以上)開けて再治療を行います。一般的にボトックスは2回目以降のほうが効果が持続するといわれています。患者様の状態を確認し再治療のプランを相談します。