ボツリヌス療法(保険診療)

 眼瞼けいれん・顔面けいれん・上下肢の痙縮・原発性腋下多汗症などを治療します。いずれも保険治療となります。 現在のところ、しわとりなどの美容上の治療は行っていません。

 ボツリヌスは神経と筋肉のつなぎ目に作用し、神経伝達物質をブロックする治療法です。けいれんを抑えて、汗腺も麻痺させます。効果は約3ヶ月持続(エクリン汗腺の場合は4-9ヶ月)します.効果が切れると症状が再発しますが、治療は繰り返し受けることができます。

 ボツリヌス治療は繰り返しになりますが、以前のエタノールを注入して神経変性を起こす方法と違い永久的なダメージが残りにくいというメリットがあります。

  1.  初めに、診察を行います。収縮している筋や患部を確認してボツリヌス注射を何単位使うかなどのプランを立てます。詳しい説明を受けて同意書に記入します。実際の治療を行う日(予約日)を決めます。
  2.  予約日に受診して注射をします。時間は約30分から60分ぐらいです。上下肢の痙縮の場合はジャージや半ズボンで、原発性腋下多汗症の場合は腋下を露出しても大丈夫な服装・下着で来てください。事前に腋毛の処理もお願いします。
  3.  約1週間後の再診をお勧めします。ボトックスの効果や副作用がなかったか確認し、追加治療などのアドバイスをします。症状がまた出たら、この治療を繰り返します。何かご不明な点はご相談ください。

⇩ 詳細を知りたい方は、こちらをクリック


内科・脳神経外科オリーブ:03-3425-2112